労働保険・社会保険の基礎知識

厚生労働省で公開されています。 この動画では、健康で、安全に、安心して、働くための労働法や労働条件の基礎について解説しています。 今日は ①労働法や労働条件の基礎など     ②労働契約、就業規則     ③賃金、労働保険、アルバイトなど を登載します。来週は、④~⑥を予定しています。...
 産前休業については、6週間(多胎妊娠の場合は14週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合は、その者を就業させてはいけない(労基法651)。産前の体調は個人差があるため、本人の請求によって休暇を与えることとなっています。 また、産前の期間は予定日で計算し、出産当日は産前に含みます。...

同一企業内における正社員(無期雇用フルタイム労働者)とパートタイム・有期雇用労 働者との間の不合理な待遇の差をなくし、どのような雇用形態を選択しても待遇に納得 して働き続けることができるよう、パートタイム・有期雇用労働法1 や施行規則、同一労働同一賃金ガイドライン(短時間・有期雇用労働者及び派遣労働者に対する不合理...

年金保険機構が、「知っておきたい年金のはなし 」という動画を出しています。...
今回は健康保険法制度の中で、「高額療養費制度」についてお知らせします。

厚生労働省から、わかりやすい「介護休業制度」と「育児休業制度」の動画がありますので、ご紹介します。
厚生労働省から、次のようなお知らせがありました。 ⑴令和3年8月1日から、育児休業給付金、介護休業給付金、高年齢雇用継続給付金の手続の際、通帳等の写しを原則不要にします。   注)手書きで申請書を作成する場合は、引き続き必要になります。...

平成11年に法律が改正され、女性の社会進出を支援しつつ、妊娠中や産後などの母性を保護する規制を強化するものとなった。 まず、労働基準法に定められている主な事項は次のとおり。 なお、「妊産婦」とは、妊娠中の女性および産後1年を経過しない女性をいいます。 (1)妊産婦の就業制限...

最高裁の判決で確立してきた「解雇権濫用法理」が次のように労働基準法に明記され、平成20年3月からは労働契約法(16条)に侈行されました。 「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、 その権利を濫用したものとして、無効とする。」...

「解雇」とは、使用者側からの申出による労働契約の終了です。 解雇をする理由は様々ですが、主に①普通解雇、②整理解雇、③懲戒解雇の3つです。 ①普通解雇  「普通解雇」とは、制裁として解雇されるものではなく、種々な事由で社員としての   適格性が著しく低いと認定された場合の解雇をいいます。  普通解雇の事由は、次のようなものです。...

さらに表示する