労働保険・社会保険の基礎知識

遂に、「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が令和4年3月30日に国会で成立しました。 令和4年4月1日から令和5年3月31日までの雇用保険料率は以下のとおりです。 • 令和4年4月から、事業主負担の保険料率が変更になります。 一般の事業 6/1000 ➡ 6.5/1000 • 令和4年10月から、労働者負担・事業主負担の保険料率が変更になります。...

「公的年金シミュレーター」は、働き方・暮らし方の変化に応じて、将来受給可能な年金額を簡単に試算できるツールです。 公的年金シミュレーターの開設は4月下旬予定です。 公的年金シミュレーターの特徴として、   ◆簡単でスムーズな操作性      ID・パスワードは不要です。すぐに試算を始めることができます。...
労働基準監督官は、労働基準関係法令に基づいて、事業場(工場や事務所など)に立ち入り、法に定める労働条件や安全衛生の基準を事業主に守っていただくよう、必要な指導を行い、労働条件の確保・向上と働く人の安全や健康の確保を図ります。また、不幸にして労働災害に遭われた方に対する労災補償の業務を行います。...
今回は、令和4年4月から代わる制度について説明します。  ①令和4年4月から加給年金の支給停止の規定が見直されます  ②令和4年4月から在職定時改定制度が導入されます  ③令和4年4月から老齢年金の繰上げ減額率が見直されます 説明は下記の表裏通りです。...

令和4年4月から年金手帳が「基礎年金番号通知書」に変更になります。

従来、65歳未満の方の在職老齢年金制度は、総報酬⽉額相当額と⽼齢厚⽣年⾦の基本⽉額の合計が「28万円」を上回る場合は年金額の全部または一部について支給停止されます。 この在職老齢年金制度が見直され、令和4年4月以降は65歳以上の方と同じように、「47万円」を上回る場合は年金額の全部または一部について支給停止される計算方法に緩和されます。...

若者を募集・採用等する事業主などが講ずべき措置をまとめた指針で、 令和3年4月に改正し、近年問題となった留意事項について、事業主などが講ずべき措置を新たに定めています。 5つの項目が示されています。   ①募集にあたっての労働条件の明示などの対応が必要です   ②内定取消しは無効になることもあります...

北杜市の方は、厚生年金保険加入者よりも国民年金加入者の方が多いのではないでしょうか。 国民年金について説明できますか。 老齢年金、障害年金、遺族年金について説明することができるでしょうか。 テレビなどメディアからは、いいかげんな報道ばかりで、きちんと理解している方は少ないと思います。...

働き方・休み方改善ポータルサイトは、企業の皆様が自社の社員の働き方・休み方の見直しや、改善に役立つ情報を提供するサイトです。企業・社員の方が「働き方・休み方改善指標」を活用して自己診断をしたり、企業の取組事例を確認することができます。...

「勤務間インターバル」は、勤務終了後、一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保するものです。...

さらに表示する