Ⅰ. 給与計算代行

会社にとって避けることのできない業務が、「給与計算」です。利益は生みませんし処理に時間を掛けるというわけにはいきません。しかし、もし間違いを繰り返すと、従業員から信頼を失ってしまうことになりかねない、重要な業務です。

給与計算には、労働基準法・雇用保険・健康保険・厚生年金保険・所得税などの法律上の専門知識がかかすことはできませんし、頻繁に法改正が行われることも、自ら業務を行う場合のネックとなります。

そんな業務ですから、社会保険労務士に任せるのが一番です。

アウトソーシングすれば、次のような問題が解決します。

  ➊正しい「給与計算」を行う。

    法改正が反映されているか、社会保険料率は正しいか等、正確に計算することが必須です。

    残業の計算が正しく行われているでしょうか。コスト圧縮の方法はないでしょうか。

 

  ❷担当者の突然の休暇・対処に対応できるか。

    給与計算は、毎月のスケジュールが決まっており、決して延期できるものではありません。

    万一、担当者が不慮の病気にかかったりということがあるかも知れません。

 

  ❸人件費の削減ができているか。

    「給与計算」担当者は、必要な専門的知識を有する方です。いつも勉強を怠ってはいけません。

    担当者に支払う給料や、専門的知識を維持するためのコストは馬鹿になりません。

 

  ❹社内の方々にいわば不必要な情報を防止できているか。

    役員情報や従業員情報のなかでも「給与計算」はとてもデリケートな情報です。

    あまり知らせたくありませんね。

 

  ❺「給与計算」から見えてくる会社の問題に気付いていますか。

    「給与計算」は、労働基準法などの労働法や就業規則、さらには健康保険や厚生年金保険などが多く

    関係しています。「給与計算」を社労士は行いながら、法的チェックも欠かしていません。

 

このように毎月の給料を正しく計算し、担当者の事故・交代に備え、残業代の圧縮や情報の漏洩にも、常に気を使っている社会保険労務士ならではの業務が「給与計算」なのです。